カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

さくら

Author:さくら
日常のこと、好きなこと、つらつらと。

嵐さんがすきです。
二宮さんを応援してます。

GANTZ
PIYO
最新記事
カテゴリ
お気軽にコメントドゾー
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOWER感想 2 (ネタバレ)

第2回です。

いやぁ・・・今更ですが。
自分、文章下手なのにあのお二人のコントを文字だけで書き表そうなんて・・・

無謀な挑戦です。

読みづらいことうけあいです。
そして無駄に長いです。


それでも宜しければどうぞ。



++++++++++++++++++++

会場に入ると、おなじみの、あのセット。
色ははほんのりグレー。一色ではなくなんとなくまだらな感じ?

箱が、2個×2セット置いてある。

無駄にドキドキするよう。
いつも映像で見ていたあの空間が目の前にあるよう。

客席が大体埋まった頃、スタッフの方が非常口灯にカバーをかける。
(手作りの黒いプラカードみたいなのがなんかオモシロだった。)
客電が落ちる。

++++++++++++++++++++

明転。

そこにはお二人が立っている!

それだけでなんかもう感無量だったんだけどーw
まわりも「おぉ・・・」と言いたいけど息をひそめてる感じでした。

とりあえず、でかい!二人、でかいノス!

近いから?いや、でかいんですよ。
舞台向きだわ。とか変な感心。今更なのに。


いよいよ始まります。
恐れ多くて仮タイトルなんてつけられません・・・

++++++++++++++++++++

1.

置いてあった箱の上にそれぞれ乗っている。
(向かって右、賢太郎さん。左、仁さん)
直立して、前を見ている。動かない。
(メッセージのジャージ姿の写真はこれかな?)

しばらくして、仁さんが賢太郎さんを気にしだす。
それに気付いた賢太郎さんは、仁さんの乗っている箱に移動!
驚く仁さんを横目に、スグに戻る。

仁さんも賢太郎さんの方に行きたがるんだけど、
賢太郎さんがその仁さんの動きを真似するので、うまくいかない。
いらいらして賢太郎さんの頭をはたく!!

賢太郎さん、動じず乱れた髪をクシでなおす(宮澤さん風)。
仁さんの箱をひとつ奪って、自分のものにする。
3個並んで広くなった足場に「どうだ!」とふんぞり返って立つw

もちろん黙っていない仁さん。
何とかして取り返す!
さらにお返しにと、賢太郎さんの箱を奪おうと試行錯誤。

ようやく手に入れて、満足そうに仁王立ち!

ここまで2人、箱から降りないというのが暗黙のルールみたいになっていたのに
賢太郎さん、しれっと箱を降り、仁さんから箱を取り返しちゃうwww

えぇ~・・・となる仁さん。

<ここまで台詞なし!だったと思う>

突然、どこからか

「1」

という声が。
それに答えて、賢太郎さんが箱を使って「1」の形を作る。

「2」

今度は仁さんが不恰好な「2」を作る。
却下とばかりに再び「2」の声。

どうしようどうしようと困っていると賢太郎さんが「+」の形を作り、
左右に二人が立つ。「1+1」の形になる。

「3」「4」とお題が進んでいく。
天の声?が納得しないと次に進めない。

「3」では、
賢太郎さんを真ん中に立たせて「山」の形を作って
「さん!山の、さん!」と主張したり
二人で三越前のライオンになったり。
」←仁さんアンテナ、箱、箱、賢太郎さんでバリサンwとか。

<「4」以降からお題はいろいろになっていく。
「冒険」とか「イリュージョン」とか。あと何かあったかな・・・>



「わー」
賢太郎さん、四角形につくった箱の穴から足を出す。仁さん驚いて「わ~~!」

「わー、わー」
賢太郎さんの見事なテジナw

「カマンチョメンガー」「セバルコス」で「パス!」する賢太郎さん。

しゃべったことと、パスありに驚く仁さん。「パス、いいんだ・・・」

「らんらんらんら~ん」
(「たんたんたんた~ん」だったかな;)

箱をたたいてリズムを取る仁さん。却下。

なにやらピアノの形を作る賢太郎さん。(縦型のヤツね)
鍵盤を弾く格好で、箱をはじくと
「らんらんらんら~ん」、ピアノの音色になる。

ピアノ形の箱にほおずえをついて、その音色を聞く仁さん。


暗転


++++++++++++++++++++

なんか最初のコントだったから、
「全身で焼き付けておこう!」という気合いにより
すごい覚えてる気がしてます。
気がしてるだけでw 長く書いちゃったけど
ホントの所どこまであってるのやら・・・

この先はこのペースで書く自信がありませんw
全部の台詞を覚えているわけがない!

もう少しコンパクトに行きます。
でないと挫けます。


感想。

ほとんど台詞のないコント。
建築雑誌で語っていたことを思い出す。

「言葉」は強すぎるから、使わなくて済むところはなるべく削除。
なるほど。

とにかく「箱」で遊んでます!みたいな感じがかわいかったなぁ。


ちょっと脳が疲れたので、
第3回に続くw
スポンサーサイト

テーマ: ラーメンズ
ジャンル: お笑い

次へ

非公開コメント

いらっしゃいませ
いつもお邪魔します
Symmetrys
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。