カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

さくら

Author:さくら
日常のこと、好きなこと、つらつらと。

嵐さんがすきです。
二宮さんを応援してます。

GANTZ
PIYO
最新記事
カテゴリ
お気軽にコメントドゾー
月別アーカイブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごいすごい!

かっこいいなぁこれは!

10087514188.jpg
10087514254.jpg


冬の絵空
http://www.cubeinc.co.jp/stage/info/fuyunoesora.html

皆さんがかぶってる兜って、アレですよね。
仁さんの連載してるフライデーの記事の、アレ。

すっげすっげ、これすっげ!!
うーん、圧巻!!


えっと、普通にくるくるロン毛の方が仁さんですよね?
普通に美仁な方ですよね?

めがねなし!サイコー。

それにしても、なんとなく仁さんだけ白目っぽくないですか?
ちょうど犬兜の牙(?)のとこがかぶっちゃってるのかな・・・

しかし、迫力~。




それから、「悪夢のエレベーター」の方もついに通し稽古だったそうです。

++++++++++++++++++++

一回通しての感想は、ずばり、面白い!

舞台「悪夢のエレベーター」と制作者の千穐楽までのあれこれ。
http://akumuno.cocolog-nifty.com/blog/

だそうで、
ううう、楽しみだぁ。

舞台を見る前に原作を読むか、見終わるまで待つかで
相当悩んだんだけどもさ。

設定自体がまず特殊だし。
エレベーターの中で起こった出来事を書いた、密室劇でしょ?
どうやって「舞台」という形にするの?


文章上でしか成立しないものって、あるんだよね。
例えばミステリーなんかで、
映像にしてしまったら、あっという間に犯人判明な複線とか。

そういうことも全部含めてクリアできる!ってことで、
舞台化決定されたんだろうなぁ。

となると、これはある程度前情報も必要だ。
「なるほどそうくるか」的な楽しみ方をしたい!

でもまっさらな状態で、「えぇ~びっくりそんな展開!?」も味わいたい・・・
   大泉さんの「アフタースクール」の時みたいに。


2回見ることができれば何の問題もないんだけど(笑)
残念ながら予定も立たないし、チケットも一枚しかないし。


どうしよ、どうしよ・・・


結論として。
はい、先に読んでしまいました!!
大変おもしろでした!!!

後悔してませんよぉ。
ネタバレ上等。楽しみ倍増です!


仁さんの役どころは、あの方なんですよね。ふふふ。
ひとり、ニヤニヤしながら
何度か読み返す、さくらさんでした。

見に行く前に、も一回読んじゃうだろな。
スポンサーサイト

次へ

非公開コメント

いらっしゃいませ
いつもお邪魔します
Symmetrys
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。